40代の乾燥肌解消のためにはスキンケア方法がカギ!

乾燥肌を解消するスキンケア方法とは?

40代に入ったら肌は敏感でかなり弱くなっていますから、基礎化粧品の選び方に注意するだけでなくスキンケア方法にも注意が必要です。乾燥肌に効果が高い基礎化粧品を使っているにもかかわらず肌の乾燥がなかなか解消しないのだとしたら、それはスキンケア方法に問題があるかもしれませんから、一度スキンケア方法を見なおしてください。

 

乾燥肌を解消するスキンケア方法とは?

基礎化粧品はしっかり適量を使ってケアを続ける

基礎化粧品は使う量に気を付けることが特に重要です。

自分勝手に基礎化粧品の使う量を少なくしない

基礎化粧品を使うときにもったいないから、またはべたつくことが心配だから、と適量と定められている量よりも少なめに基礎化粧品を使うことがあります。乾燥が嫌だからとべたべたつけすぎるのも肌に成分が詰まってしまってよくないのですが、乾燥しているわけですから適量か、それよりも少し多めに使いましょう。

 

乾燥が気になる部分には重ねづけする

皮膚は薄い場所と厚い場所があり、皮膚が薄い場所は水分も他の部分よりも失われやすいです。年齢とともに肌のバリア機能が弱くなって水分を保持することができなくなってくると、皮膚の薄い部分は特に乾燥が進みます。

 

顔の全体に同じように基礎化粧品をつければ、潤いがある部分とない部分ができてしまいますので、皮膚の薄い場所は重ねづけをすることで水分を多めに補充し、乾燥を防ぐようにしてください。

 

化粧水のつけ方を考える

化粧水をつける時、いつもコットンでパタパタと叩くようにしてつけていませんか?若いうちであれば、このようなつけかたをしても何の問題もありません。

 

しかし40代になると肌に基礎化粧品をつけた時の浸透性は悪くなっていますので、叩いてつけるだけでは表面だけしか肌はうるおいませんから、コットンを使わずに手でつけましょう。化粧水の適量を手にとり、やさしく肌を押さえこむようにしてつけていけば、手の圧力とあたたかみで毛穴が開き、肌の奥まで化粧水の成分が浸透していきます。

 

普段の生活にも注意をする

基礎化粧品の使い方も肌の乾燥を防ぐためには大切なことですが、普段の生活の中でも肌の乾燥を守るために注意すべきことがあります。

 

睡眠不足が続くと肌荒れなどが起きやすいですが、それは身体が休めていないために免疫力が弱くなっているからです。いくら忙しくても美容のためを考えてなるべく早く眠るようにしましょう。

 

また、外食が多かったり好き嫌いが多いなど、不規則な生活は肌の調子を崩しますから、バランスの良い食生活を続けることにも注意をしてください。健康的な生活を続けることも、肌の乾燥を防ぐためには大事なことなのです。

関連ページ

40代の肌の乾燥を放っておくとどうなる?
子供の頃は押すと水が出そうなほどで、若い時も潤いたっぷりだったはずの肌も40代をすぎる頃には乾燥に苦しめられるようになります。乾燥が進んでしまった肌は敏感になってあらゆるトラブルを発生しやすくなりますので、40歳を超えたら特に注意して肌の乾燥対策をしなければいけません。
40代の乾燥肌に効果的な基礎化粧品の美容成分とは?
40代に入ると肌の乾燥はぐっと進みますから、適当なスキンケアを続けていれば乾燥は進むばかりになってしまいます。大事な肌を守って若さを維持するためには、基礎化粧品を選ぶときに保湿効果の高い成分が入っているかどうかをしっかり確認しておくことが大切です。