40代でシワやタルミが目立って来たら基礎化粧品でケアしよう!

シワやタルミが目立ってきたときのケア

今まではたいしてお手入れをしなくても、シワやタルミなどがなかったはずなのに、40代を過ぎてから鏡でよく自分の顔を見てみたら、なかったはずのシワやタルミができていたという方は多いです。シワやタルミが目立ってきたら、基礎化粧品を使って頑張ってアンチエイジング対策を取らなければいけません。

 

40代になってシワやタルミが増える理由とは?

コラーゲンの減少

ハリのある元気な肌を作るために必要とされている美容成分がコラーゲンです。コラーゲンは人の肌に存在する成分なのですが、年齢とともに減少し始め、40代になると減少する率は高くなります。コラーゲンが減少すれば、肌は潤いなどを保持することが出液ず、しぼんでシワやたるみの原因になります。

 

肌の筋肉の衰え

若いころまでは大きな口を開けて笑ったりしていた方も、年齢とともにあまり表情を変えることがなくなります。筋肉は動かさなければ衰えていくだけですから、若い頃は動かしていたはずの顔の筋肉は衰えていきシワやたるみを作ります。

 

シワやたるみに効果がある40代におすすめの基礎化粧品とは?

シワやタルミは肌の潤いを取り戻すことで効果があります。ですから、基礎化粧品を使うときはヒアルロン酸やコラーゲンが入ったものを選びましょう。

 

コラーゲンはアミノ酸があれば体の中で新たに作ることも可能です。ですから、アミノ酸などが含まれている基礎化粧品も効果があります。40代になって体が作ることのできなくなって肌が失われつつあるコラーゲンやヒアルロン酸は、外から基礎化粧品の形で補充してください。

 

シワやたるみをなくすために効果的な基礎化粧品の使い方は?

シワやたるみができているときは、気になって肌をマッサージする方が多いです。マッサージは肌の血行を良くして新陳代謝を促すために効果があるのですが、シワをなくそうと力を入れすぎてしまうと、肌に負担がかかってシワやたるみがかえって増えてしまいます。

 

シワやたるみがあるときは、保湿力が高いコラーゲンやヒアルロン酸などがたっぷり入った基礎化粧品を使って優しくマッサージしていくことが必要です。下から上に向かって円を描くように、優しくシワやたるみの部分を持ち上げてマッサージしましょう。いくら効果が高い成分が入っていても、成分が肌の奥まで浸透しないようでは意味がありません。

 

表面だけにしか成分が浸透しない基礎化粧品ではなく、成分がナノ化されていて肌の奥まで届くように考えられて作られた基礎化粧品かどうか、確かめてから使ってください。

関連ページ

肌がかさつくようになったら?
若いころは特に肌に何の問題も感じなかったのに、40代になってから急に肌のカサつきを感じるようになったと悩んでいる方は多いです。肌がカサついている状態でこれまでと同じ基礎化粧品を使い続けても効果は得られません。肌のカサつきを改善するために、基礎化粧品を使ってしっかり保湿対策をしなければいけません。
肌が敏感になってきたときに選ぶべき基礎化粧品
40代になってから肌が敏感になってしまったと悩む方は多いです。今までは特に使う基礎化粧品を選ぶことがなかったのに、肌荒れなどが起きることから自分に合う基礎化粧品を見つけることが大変になってきます。40代の敏感肌の方はアンチエイジング対策よりも、まずは自分に合う基礎化粧品を探さなければいけません。
増えてきたシミは解消できる?
シミやそばかすは気が付かないうちに増えているものです。40代を過ぎますと、急にこれまでなかったはずのシミやそばかすができていると気がつくことは多いです。シミやそばかすは年齢を感じさせますので、40代を過ぎたらアンチエイジングのためにシミ対策を本格的にすべきです。