40代の気になるシミを基礎化粧品で解消したい!

増えてきたシミは解消できる?

シミやそばかすは気が付かないうちに増えているものです。40代を過ぎますと、急にこれまでなかったはずのシミやそばかすができていると気がつくことは多いです。シミやそばかすは年齢を感じさせますので、40代を過ぎたらアンチエイジングのためにシミ対策を本格的にすべきです。

 

40代になって増えるシミとは?

シミと呼ばれているもののほとんどが肝斑です。肝斑は褐色のシミが左右対称に現れることが特徴です。人は紫外線を浴びるとメラニン色素が増えて、皮膚の中に沈着してしまい、肝斑のシミとなって現れます。

 

肌の老化が始まる年齢は人によって異なりますが、多くの方が実感するのは40代を過ぎてからです。肌の乾燥やストレス、睡眠不足が重なれば、肌の老化は進んで代謝が悪くなり、シミは増えるばかりです。

 

40代のシミ対策におすすめの基礎化粧品の選び方は?

美白対策として最近注目されている成分にハイドロキノンがあります。ハイドロキノンはシミを作る元になっているメラニン色素の生成を抑える働きがありますから、美白対策として欠かすことのできない成分です。

 

しかし、ハイドロキノンは40代を過ぎた肌には刺激が強すぎることもあります。刺激がある基礎化粧品を使い続けることは肌にかなりの負担がありますから、基礎化粧品を選ぶときは同じハイドロキノンを使っていても肌に刺激がないように工夫されているものを選ぶようにしてください。また、ハイドロキノンではなくても、同じような効果があって、肌に負担が少ない成分で作られた基礎化粧品を選べば、肌トラブルから肌を守ることができます。

 

40代のシミ対策におすすめの基礎化粧品の使い方は?

夏になるとシミが気になってしっかり対策を取る方は多いのですが、意外に春や秋も紫外線が多いため、シミは出来やすい季節です。そして冬になっても油断することはできません。ですからまだ先でいいと思うこと無く、紫外線対策は一年中行うようにしてください。基礎化粧品は多すぎても少なすぎても効果は現れませんので、なるべく多めに使うようにしましょう。

 

もう一つ、基礎化粧品の使い方としてしっかり考えていただきたいのことが、基礎化粧品を使ってすぐにやめてしまうことです。肌荒れなどのトラブルを起こしてしまったらその基礎化粧品を使うことはできませんが、シミが消えるまでにはしばらくの時間がかかります。少し様子を見てからこれからも使い続けるかを判断してください。

関連ページ

肌がかさつくようになったら?
若いころは特に肌に何の問題も感じなかったのに、40代になってから急に肌のカサつきを感じるようになったと悩んでいる方は多いです。肌がカサついている状態でこれまでと同じ基礎化粧品を使い続けても効果は得られません。肌のカサつきを改善するために、基礎化粧品を使ってしっかり保湿対策をしなければいけません。
シワやタルミが目立ってきたときのケア
今まではたいしてお手入れをしなくても、シワやタルミなどがなかったはずなのに、40代を過ぎてから鏡でよく自分の顔を見てみたら、なかったはずのシワやタルミができていたという方は多いです。シワやタルミが目立ってきたら、基礎化粧品を使って頑張ってアンチエイジング対策を取らなければいけません。
肌が敏感になってきたときに選ぶべき基礎化粧品
40代になってから肌が敏感になってしまったと悩む方は多いです。今までは特に使う基礎化粧品を選ぶことがなかったのに、肌荒れなどが起きることから自分に合う基礎化粧品を見つけることが大変になってきます。40代の敏感肌の方はアンチエイジング対策よりも、まずは自分に合う基礎化粧品を探さなければいけません。