40代からの洗顔料はどんなことに注意して選んだらいいの?

40代の洗顔料は肌に優しいものを選ぼう

スキンケアの基本となるものは洗顔ですが、スキンケアを考えた時に化粧水や乳液、美容液などは気をつけて選んでいても洗顔は特に気にしないという方は多いです。しかし、40代という肌の状態が不安定なときは、洗顔料選びに気をつけて肌の若さを維持することこそアンチエイジングにつながります。

 

40代の洗顔料は肌に優しいものを選ぼう

界面活性剤入りの洗顔料は肌に良くない

泡立ちを良くするために界面活性剤を入れて作っている洗顔料は少なくありません。普通肌の方などは界面活性剤が入った洗顔料を使っていても特に肌にトラブルが生じることはありません。

 

しかし40代になると肌は普通肌だった方もだんだんと敏感になっていきます。敏感になった肌は少し添加物が入っているだけでも肌荒れなどのトラブルが発生しますので界面活性剤ももちろん良くありません。自分の肌は大丈夫だと思わずに、洗顔料の成分を見てみて界面活性剤が入ったものは避けましょう。

 

40代になったら洗顔料を変えよう

40代に入ると化粧水などは保湿力の高いものなどに変えても、洗顔料だけはそのまま使い続けているという方は少なくありません。しかし、40代の肌は30代以前の肌とは大きく異なります。肌のバリア機能が弱くなっているために肌が乾燥しがちになっています。

 

若い頃から使ってきた洗顔料には汚れや皮脂を取り除く力が強いものが多いのですが、40代以降に皮脂を取り過ぎてしまうと、肌荒れがひどくなりますから洗顔料は変えなければいけません。

 

40代が考えたい洗顔料の選び方は?

40代は次のポイントに注意して洗顔料を選ぶのがおすすめです。

洗浄成分が強すぎないものを選ぶ

美肌を維持するためには皮膚に汚れや余分な皮脂が残っているわけにはいかないのですが、洗浄成分の強い洗顔料を使ってゴシゴシ洗ってしまったら、40代の肌には刺激が強すぎます。刺激に負けて肌の状態が崩れてしまい、かえって肌荒れを起こしたり吹き出物が増えるなどのトラブルが発生します。

 

肌を優しく守って必要のないものだけを洗い流さなければいけませんから、洗浄成分が強すぎるものは選ばないようにしてください。

 

泡立ちが良い物を選ぶ

40代以降の敏感な肌には細かい泡が作られて肌の奥までとどいて汚れを吸着して取るものが一番です。ゴシゴシ洗うのではなく、優しく肌の上に泡をつけてなでていけば汚れや皮脂が取り除かれる洗顔料を選びましょう。

 

細かい泡が立つ洗顔料、またはクレイを使った洗顔料であれば肌に優しいですし、手で簡単に細かい泡をたくさんたてることができます。泡が立ったら顔に撫でるようにつけていき、後は洗い流すだけです。細かい泡やクレイは汚れや皮脂を吸着していますから、洗い流せばきれいサッパリ要らないものはなくなっています。

関連ページ

化粧水選びは保湿効果なども考えて慎重に!
基礎化粧品の中でももっとも基本のものといえば化粧水です。顔を洗ってから最初に使う基礎化粧品ですから、化粧品の選び方でこれからの肌の調子は変わってきます。どの年代の女性にとっても化粧水の選び方には注意が必要ですが、肌の調子が崩れ始める40代はなおさら慎重に化粧水を選ばなければいけません。
40代のエイジングケアには美容液選びが重要!
肌は25歳の曲がり角を過ぎると少しずつ老化が始まりますが、老化がはっきりと分かるようになるのは40代に入ってからだと言われています。いつまでも若々しい肌を保つことは女性全員にとっての望みですが、40代の肌の老化を抑えるためには適切な美容液選びが肝心です。
乳液やクリームは肌状態に合ったものを
基礎化粧品の中で化粧水の次につけるものといえば乳液やクリームです。乳液やクリームの選び方によっては、敏感になっている40代の肌の状態をさらに悪い状態にしてしまう可能性がありますから、肌を若々しく保つために40代を過ぎたら、肌の状態に合った乳液やクリームを選ぶよう、注意しなければいけません。
1本ですべての役割をはたすオールインワンゲルの選び方
40代になると基礎化粧品選びのポイントが変わってきます。40代から考えたい基礎化粧品の選び方についてまとめました。