40代からの乳液・クリーム選びのポイントは?

乳液やクリームは肌状態に合ったものを

基礎化粧品の中で化粧水の次につけるものといえば乳液やクリームです。乳液やクリームの選び方によっては、敏感になっている40代の肌の状態をさらに悪い状態にしてしまう可能性がありますから、肌を若々しく保つために40代を過ぎたら、肌の状態に合った乳液やクリームを選ぶよう、注意しなければいけません。

 

乳液やクリームは肌状態に合ったものを

基礎化粧品の中でも乳液やクリームの持つ役割とは?

乳液やクリームには、次の役割があります。

水分が蒸発しないよう肌を守る

肌に水分を届ける基礎化粧品といえば化粧水ですが、化粧水は水分を補うことはできますが、水分を肌の中に留める力が弱いです。水分が蒸発しないように肌を守る働きがあるものが乳液やクリームです。

 

化粧水で肌にうるおいを届けた後に乳液やクリームを使えば、乳液やクリームが肌の表面に薄い膜を作り上げます。乳液やクリームが作った膜は水分が蒸発することを防いでくれますから、肌はいつまでも潤いを保つことが出来るのです。

 

40代の肌に不足している栄養を届ける

年齢とともに肌からはいろいろな栄養が失われていきます。もともと人の肌の中には存在しているセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などですが40代をすぎるころには肌からかなり失われていて肌の状態を崩します。肌に不足しているこれらの美容成分は乳液やクリームから取り入れると効果的です。

 

40代を過ぎてこれまでと同じ乳液やクリームを使っていたら肌はどうなる?

若いころの肌は肌のベタつきを抑えるために乳液やクリームには油分が少なめのものが多いです。しかし若いころは皮脂が多めでベタつきに悩んでいた方も、年齢とともに皮脂は少なくなっていきます。

 

皮脂が少なくなった状態で油分の少ない乳液やクリームを使い続けていると、肌には必要な油分が補充されません。その結果、肌がカサついて化粧ノリが悪くなるだけでなく肌荒れを起こすなどのトラブルが発生してしまいます。

 

40代が考えたい乳液やクリームの選び方は?

40代になって進む肌の乾燥には保湿成分を補充することが必要ですから、失われたセラミドなどの保湿成分は乳液やクリームなどで補いましょう。

 

また、40代を過ぎるとかなり肌のターンオーバーが遅くなっていますので肌は崩れやすくなっています。肌がきちんとターンオーバーできて新しい肌に生まれ変われるように乳液やクリームにはプラセンタエキスなどが入っているものを選ぶことも必要です。

 

40代の肌を守るためには足りなくなった油分を補充することも必要です。しかし40代の肌は不安定で場所によっては皮脂が増えすぎてトラブルを発生する場所もありますから、加減を考えて場所によって使い分けてください。

 

目元や口元の皮膚は薄いために油分が不足してかさつきがちですから、それらの部分にはしっかりつけてあげるようにしましょう。

関連ページ

40代の洗顔料は肌に優しいものを選ぼう
スキンケアの基本となるものは洗顔ですが、スキンケアを考えた時に化粧水や乳液、美容液などは気をつけて選んでいても洗顔は特に気にしないという方は多いです。しかし、40代という肌の状態が不安定なときは、洗顔料選びに気をつけて肌の若さを維持することこそアンチエイジングにつながります。
化粧水選びは保湿効果なども考えて慎重に!
基礎化粧品の中でももっとも基本のものといえば化粧水です。顔を洗ってから最初に使う基礎化粧品ですから、化粧品の選び方でこれからの肌の調子は変わってきます。どの年代の女性にとっても化粧水の選び方には注意が必要ですが、肌の調子が崩れ始める40代はなおさら慎重に化粧水を選ばなければいけません。
40代のエイジングケアには美容液選びが重要!
肌は25歳の曲がり角を過ぎると少しずつ老化が始まりますが、老化がはっきりと分かるようになるのは40代に入ってからだと言われています。いつまでも若々しい肌を保つことは女性全員にとっての望みですが、40代の肌の老化を抑えるためには適切な美容液選びが肝心です。
1本ですべての役割をはたすオールインワンゲルの選び方
40代になると基礎化粧品選びのポイントが変わってきます。40代から考えたい基礎化粧品の選び方についてまとめました。