40代は乳液・クリームを使った方がいいの?

乳液やクリームはしっかり使うのがおすすめです!

10代のころは皮脂が多くて思春期ニキビができて悩まされていた方も、年齢とともに思春期ニキビは収まって肌が落ち着いてきます。しかし、40代をすぎればまた違う肌の状態になりますから、基礎化粧品の中でも乳液やクリームをしっかり使うことがおすすめです。

 

40代の肌は乳液やクリームが必要なの?

10代のころは皮脂の分泌量が多すぎてニキビに悩まされる方も多いですが、皮脂の分泌は年齢とともに減少します。皮脂の分泌が減ってしまうと肌はカサつき、シワやタルミ、そしてほうれい線など老化を進める原因にもなります。

 

40代になっても若い頃のハリのある肌を維持したければ、水分や油分を補充することが出来る乳液やクリームの存在が必要です。

 

40代の肌におすすめの乳液やクリームの選び方は?

保湿効果がたっぷりあるもの

コラーゲンやヒアルロン酸など保湿効果の高い成分はいくつかありますが、乳液の中には保湿成分がたっぷり含まれているかを調べてください。成分が細かく浸透しやすくなっているものを選べば、浸透性がよく肌がべたつくことはありません。

 

アンチエイジングに効果がある成分が含まれていること

動物の胎盤が摂取した成分であるプラセンタエキスは、動物のお腹の赤ちゃんの栄養源だけありアンチエイジング効果が高い成分がたっぷり含まれています。プラセンタエキスがあれば、肌は上手に生まれ変われるようになりますから、40代を過ぎてもいつも肌が新しい状態のままですからアンチエイジング効果は非常に高くおすすめです。

 

40代の肌におすすめの乳液やクリームの使い方は?

基礎化粧品として化粧水や美容液を使っているのだから特に乳液やクリームを使う必要が無いのでは?という方もいらっしゃいます。しかし、40代を過ぎた肌はバリア機能が弱ったために水分が不足しているだけでなく、油分も不足しているのです。目元や口元にシワが出来やすいのは、その部分が水分や油分がなくなり乾燥しやすいところだからです。

 

40代で潤いあるなめらかな肌を維持したければ、基礎化粧品の中でも乳液やクリームを使って足りない油分を補いましょう。カサカサしたところは特に気をつけてつけるようにしてください。

 

しかし、注意しなければならないのはつけすぎないことです。気になるからといってベタベタ使いすぎれば、肌が呼吸できないために大人ニキビなどのトラブルが発生します。つけすぎないように、丁寧に優しく万遍なく塗ることがおすすめです。

関連ページ

化粧水のおすすめの使い方は?
基礎化粧品の中でも洗顔をしてから一番最初に使うものが化粧水です。40代になっても若いころと同じような美肌を維持するためには化粧水でしっかりケアすることがおすすめですが、どのような化粧水を選んでどのように使えばよいのでしょうか。
美容液のおすすめの使い方
40代になると肌の老化を日に日に感じるようになり、これまでと同じように肌のお手入れをしているだけでは美肌を維持することはできません。50代や60代になっても肌を若く美しく保つためには、40代のうちから基礎化粧品の中でも美容液の選び方、そして使い方に気をつけましょう。