40代の乾燥肌解消にはどんな美容成分が効果的なの?

40代の乾燥肌に効果的な基礎化粧品の美容成分とは?

40代に入ると肌の乾燥はぐっと進みますから、適当なスキンケアを続けていれば乾燥は進むばかりになってしまいます。大事な肌を守って若さを維持するためには、基礎化粧品を選ぶときに保湿効果の高い成分が入っているかどうかをしっかり確認しておくことが大切です。

 

40代の乾燥肌に効果的な基礎化粧品の美容成分とは?

乾燥肌解消に効果的な美容成分1 セラミド

化粧品によく使われている保湿成分の一つであるセラミドは人の肌の中にもともと存在している成分で、水分の80%を維持する働きがあるものです。

 

セラミドが豊富に肌に存在している間であれば肌の乾燥に悩まされることは少ないのですが、セラミドは年齢とともに肌から失われていくため、補充が必要です。

 

セラミドの中でも保湿効果が高いために乾燥肌に効果が高いと言われているものはヒト型セラミドです。基礎化粧品の成分を調べた時に、セラミドが入っているかどうかはもちろんのこと、ヒト型セラミドが入っているものを選ぶようにしましょう。

 

乾燥肌解消に効果的な美容成分2 ヒアルロン酸

ヒアルロン酸も保湿効果が非常に高い成分として知られており、1gあれば6000mlの水分を保持することができます。セラミドと同じく人の肌の中に存在しているものですが、やはり年齢とともにその数は失われていくために補充することが必要です。

 

ヒアルロン酸が入っているかどうかは40代以降の方が基礎化粧品を選ぶ時の大事な基準なのですが、ヒアルロン酸はそのままですと分子が大きいため、肌の奥まで成分を届かせることができません。

 

ヒアルロン酸がただ入っているというだけではなく、肌の奥までヒアルロン酸の成分を届かせることが出来るよう、分子を小さくして配合してある基礎化粧品を選ぶことをおすすめします。

 

乾燥肌解消の邪魔になるものとは?

乾燥肌の方が基礎化粧品を選ぶときにもう一つチェックしていただきたいことが、肌に負担を与える成分が入っていないかどうかです。

 

肌が乾燥しているときは肌の状態はかなり不安定になっていますので、普通肌ならば何の問題もない成分だとしても刺激が強すぎることがあります。

 

基礎化粧品を良い香りにするために合成香料などが入っている基礎化粧品も少なくありませんが、肌への負担が大きいために肌荒れを引き起こす危険があります。なるべく肌に刺激となるかもしれない添加物などが入っていない基礎化粧品を選んでください。

 

また、人によって肌質は異なりますから、他の人に問題がない成分でも自分には刺激になることもあります。新しい基礎化粧品を使うときは、使い続けても問題がないか、あらかじめパッチテストなどをして確認してから使いはじめてください。

関連ページ

40代の肌の乾燥を放っておくとどうなる?
子供の頃は押すと水が出そうなほどで、若い時も潤いたっぷりだったはずの肌も40代をすぎる頃には乾燥に苦しめられるようになります。乾燥が進んでしまった肌は敏感になってあらゆるトラブルを発生しやすくなりますので、40歳を超えたら特に注意して肌の乾燥対策をしなければいけません。
乾燥肌を解消するスキンケア方法とは?
40代に入ったら肌は敏感でかなり弱くなっていますから、基礎化粧品の選び方に注意するだけでなくスキンケア方法にも注意が必要です。乾燥肌に効果が高い基礎化粧品を使っているにもかかわらず肌の乾燥がなかなか解消しないのだとしたら、それはスキンケア方法に問題があるかもしれませんから、一度スキンケア方法を見なおしてください。