40代の基礎化粧品はコラーゲンがポイント!

コラーゲンを増やす成分が入っているものを選ぼう!

40代に入ると、今まではつらつとして元気いっぱいに感じられた顔が一気に不健康に見えるようになります。これまで感じられていたはずの肌のハリもいつの間にかなくなっていて、元気がない老け顔に変わってしまう原因はコラーゲンの減少です。肌の若さを取り戻すためには、基礎化粧品にコラーゲンを増やす効果があるものが入っていることが必要です。

 

40代になるとコラーゲンは減ってしまう

コラーゲンは肌の中で少しずつ作られています。しかし40代を過ぎるとコラーゲンが出来るまでの時間がさらにかかるようになってしまいますので、コラーゲンが分解される量のほうがコラーゲンを合成する量よりも多くなってしまいます。その結果、コラーゲンの量は減っていき、30代のころまでは特に何も感じなかったという方も、肌のハリが失われて老け顔を作ります。

 

40代のコラーゲンは老化する

年齢とともにコラーゲンそのものも老化が進みます。人の肌は一年中紫外線を浴びていますが、紫外線やストレスなどがかかると、体は酸化してコラーゲンも老化してしまいます。老化したコラーゲンは新しいコラーゲンを作ることができなくなってしまうため、全体としてコラーゲンの量は減っていき、老化が進みます。

 

40代の肌のコラーゲンを取り戻すために必要な基礎化粧品の成分とは?

コラーゲンを増やす成分が入っているものを選ぼう!

コラーゲン

肌から失われていくコラーゲンは外から補充することで必要としている量をまかなうことができます。しかしコラーゲンはそのままでは分子が大きいため、肌の表面までしか浸透することができません。40代を過ぎてから基礎化粧品を選ぶときは、同じコラーゲンが使われているものであっても低分子コラーゲンなど、肌の奥まで成分が届くように作られているものを選ぶようにしてください。

 

ビタミンC誘導体

コラーゲンは体の中で生成することが出来るのですが、40代を過ぎると力がなくなってコラーゲンを生成することができなくなります。そんな元気をなくした体に力を与えるのがビタミンC誘導体の役目です。

 

ビタミンCはそのままでは成分が大きいために効果がないのですが、肌に浸透しやすいビタミンC誘導体を使えば肌の奥まで成分が届いて新たにコラーゲンを生成する力が出てきます。

 

同じビタミンC誘導体が入っている基礎化粧品でも成分が強くて刺激になってしまうようではコラーゲンを取り戻すことはできませんが、肌に優しく作られているビタミンC誘導体が入った基礎化粧品を選びましょう。

関連ページ

保湿成分が入っているかチェック!
40代になると実際の年齢かそれ以上に老けて見える人が急に増えますが、老けて見えてしまう原因の一つに肌の潤いが失われたことがあります。若いころは水分がたっぷりあって触るとぷるぷるしていた肌も、年齢とともにカサつきがちの乾燥肌になりますから、基礎化粧品で保湿してあげることが必要となります。
敏感肌にも対応しているものがおすすめ
若いころは強い化粧品を使っても刺激も感じませんし肌トラブルも起きなかったはずなのに、だんだん年齢とともに肌は敏感になっていきます。40代になって基礎化粧品を選ぶときは、敏感肌にも対応しているかどうかをチェックすることが必要です。
シワやたるみに効果があるものを!
40代の肌にはコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどシワやタルミに効果のある成分を化粧品で取り入れることが必要です。基礎化粧品を調べてみますといろいろな効果の高い美容成分が入っているものが多いのですが、より効果を上げるためには、ナノ化されているなど、肌への吸収率が高いものを選んでください。
毛穴の開きを解消する成分は入ってる?
毛穴が小さいうちは肌のキメも細かいですしお化粧もきれいにできて美肌を維持できます。しかし年齢とともに毛穴が開いてくると、頑張ってお化粧しているのにムラが出てきたり黒ずみができたりします。40代に入ってから毛穴の開きに悩まされるようになったという方は多く、早いうちの毛穴対策が求められます。
大人ニキビに効果がある成分が入っていると◎
10代をすぎて20代に入ると、ニキビが消えて肌がきれいになったという方は多いです。思春期ニキビは大人になると消えていくものですが、40代になってから再びニキビができてしまったという方は多いです。後になってからできる大人ニキビにはどんな成分が効果的なのでしょうか。
おすすめはコストパフォーマンスが高いもの
40代おすすめ基礎化粧品を選ぶときにどのようなことに注意すればよいのでしょうか。40代のおすすめ基礎化粧品を選ぶときのポイントについてまとめました。