40代の基礎化粧品は化粧水の使い方もポイント!

化粧水のおすすめの使い方は?

基礎化粧品の中でも洗顔をしてから一番最初に使うものが化粧水です。40代になっても若いころと同じような美肌を維持するためには化粧水でしっかりケアすることがおすすめですが、どのような化粧水を選んでどのように使えばよいのでしょうか。

 

40代の肌に化粧水が必要な理由は?

乾燥しがちな肌に潤いを与える

40代の肌はホルモンバランスが崩れることもあり、代謝が悪くなって皮脂の分泌も悪くなり、カサカサの乾燥肌になります。肌がカサカサの状態では大人ニキビなどのトラブルも起きやすいですし、何より若さが感じられません。基礎化粧品の中でも化粧水は乾燥しがちな肌に潤いを与えてしっとりさせるために使います。

 

この後つける基礎化粧品の効果を高める

乾燥している40代の肌に、基礎化粧品の中では化粧水の後に塗る乳液や美容液を使っても、肌は硬くなってしまっていますので成分が届きません。肌は乾燥している状態よりもうるおいがある状態のほうが、毛穴から基礎化粧品の栄養分が肌の奥まで届きます。大事な美容成分がしっかり効果を出せるようにするためには、化粧水を使うことがおすすめです。

 

40代の肌におすすめの化粧水の選び方は?

40代の肌に合う化粧水を選ぶときは、まず美容成分が多く含まれているかどうかチェックしてください。コラーゲンやヒアルロン酸、アミノ酸、ビタミンC誘導体などは40代基礎化粧品の中でも化粧水に入っていてほしい成分です。

 

40代の方で悩んでいる方が多いシミ解消効果が高い成分といえばビタミンC誘導体が代表的なものですが、ビタミンCは安定性があまり良くないため、化粧品の中に含まれていても肌の奥まで届くかどうかは難しいです。ビタミンC誘導体を安定させるためには水に溶かしたタイプのものを使ったほうが効果が高いため、化粧水はビタミンC誘導体が配合されている物を選ぶことをおすすめします。

 

40代の肌におすすめの化粧水の使い方は?

化粧水はコットンにとってからパタパタとパッティングをしながらつけていくという方は多いです。しかしコットンを使って何度も肌を叩くということは、肌にかなりの刺激が伝わっていることを意味します。

 

40代の肌は若いころとは違って弱く敏感になっています。そんなときに化粧水を叩きながらコットンを使ってつけていくと、コットンの刺激、そしてぱたぱた叩いた時の刺激で肌がトラブルを起こすことも多いです。

 

40代の肌に化粧水をつけるときは、肌になじませることが大切です。叩くよりも手を使って優しくなじませるようにして丁寧につけていきましょう。

関連ページ

美容液のおすすめの使い方
40代になると肌の老化を日に日に感じるようになり、これまでと同じように肌のお手入れをしているだけでは美肌を維持することはできません。50代や60代になっても肌を若く美しく保つためには、40代のうちから基礎化粧品の中でも美容液の選び方、そして使い方に気をつけましょう。
乳液やクリームはしっかり使うのがおすすめです!
10代のころは皮脂が多くて思春期ニキビができて悩まされていた方も、年齢とともに思春期ニキビは収まって肌が落ち着いてきます。しかし、40代をすぎればまた違う肌の状態になりますから、基礎化粧品の中でも乳液やクリームをしっかり使うことがおすすめです。