40代からの化粧水選びはどんな点に注意したらいいの?

化粧水選びは保湿効果なども考えて慎重に!

基礎化粧品の中でももっとも基本のものといえば化粧水です。顔を洗ってから最初に使う基礎化粧品ですから、化粧品の選び方でこれからの肌の調子は変わってきます。どの年代の女性にとっても化粧水の選び方には注意が必要ですが、肌の調子が崩れ始める40代はなおさら慎重に化粧水を選ばなければいけません。

 

化粧水選びは保湿効果なども考えて慎重に!

若いころと同じ化粧水を使っていたら40代の肌はどうなる?

若い頃から同じ化粧水を使っていたからと40代になっても同じ化粧水を使っている方もいらっしゃいますが、40代になって肌質が変わっていて同じ化粧水を使い続けることは肌にとってかなりの負担となります。

 

若いころは水分がしっかり肌の中に残っていたためにそれほど問題を起こすことがなかったとしても、40代に入ってからは乾燥が進むだけですので、カサつき肌やシミ、シワなどあらゆるトラブルが発生します。

 

40代が使う化粧水に入っていてほしい美容成分とは?

40代の化粧水は、次のような美容成分が入っているものがおすすめです。

潤いを保つ成分

セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの成分はもともと人の体の中に存在している成分なのですが、年齢とともにその数は減少し続け、結局は普通の肌を維持することすら難しくなってしまいます。

 

減ってしまった潤いを取り戻すには、潤い成分をプラスすることが必要です。たとえば、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの成分は保湿効果が高いため化粧水には入っていてほしいです。

 

美白成分

シミ等ができている肌はお化粧でも隠しきれませんから、40代になったら美白には特に注意が必要です。美白成分には、ビタミンC誘導体やレチノール、コラーゲンなどがあります。

 

アンチエイジング成分

40代になったとは見えない美肌を手に入れるためにはアンチエイジング成分が必要です。以前は潤っていた肌をしていた方も年齢とともに潤いは失われますから、抗酸化力の高いアスタキサンチンや、肌の保水力・バリア機能を高めてくれるセラミド、細胞レベルで働きかけるプラセンタなどエイジングケアに効果的な成分が入っているものを選ぶのがおすすめです。

 

40代が考えたい化粧水の選び方は?

40代になるとシミやシワなどあらゆる肌トラブルが起きてしまうものですが、まずは肌トラブルを止めることが必要です。肌を守ってトラブルをこれ以上広げないためには保湿対策が肝心です。ほとんどの基礎化粧品の中には保湿成分が入っていますが、40代を過ぎたら肌の奥まで成分の力が届いているものが必要です。

 

美容成分が多く含まれていることはもちろんのこと、成分が肌の奥まで浸透しやすいように工夫して入れてあるものを使うようにしてください。そういった化粧水を使えば、使っているうちに肌の調子は段々と良くなってシワなどが消えて若いころの肌を取り戻すことができます。

関連ページ

40代の洗顔料は肌に優しいものを選ぼう
スキンケアの基本となるものは洗顔ですが、スキンケアを考えた時に化粧水や乳液、美容液などは気をつけて選んでいても洗顔は特に気にしないという方は多いです。しかし、40代という肌の状態が不安定なときは、洗顔料選びに気をつけて肌の若さを維持することこそアンチエイジングにつながります。
40代のエイジングケアには美容液選びが重要!
肌は25歳の曲がり角を過ぎると少しずつ老化が始まりますが、老化がはっきりと分かるようになるのは40代に入ってからだと言われています。いつまでも若々しい肌を保つことは女性全員にとっての望みですが、40代の肌の老化を抑えるためには適切な美容液選びが肝心です。
乳液やクリームは肌状態に合ったものを
基礎化粧品の中で化粧水の次につけるものといえば乳液やクリームです。乳液やクリームの選び方によっては、敏感になっている40代の肌の状態をさらに悪い状態にしてしまう可能性がありますから、肌を若々しく保つために40代を過ぎたら、肌の状態に合った乳液やクリームを選ぶよう、注意しなければいけません。
1本ですべての役割をはたすオールインワンゲルの選び方
40代になると基礎化粧品選びのポイントが変わってきます。40代から考えたい基礎化粧品の選び方についてまとめました。