40代の基礎化粧品選びは毛穴の開きにも注目!

毛穴の開きを解消する成分は入ってる?

毛穴が小さいうちは肌のキメも細かいですしお化粧もきれいにできて美肌を維持できます。しかし年齢とともに毛穴が開いてくると、頑張ってお化粧しているのにムラが出てきたり黒ずみができたりします。40代に入ってから毛穴の開きに悩まされるようになったという方は多く、早いうちの毛穴対策が求められます。

 

毛穴にはどんな役割があるの?

毛穴が開いてきて初めて毛穴について気になるようになったという方は多いです。たしかに毛穴が目立ってくると化粧もきれいにできませんが、毛穴には皮脂の分泌や老廃物の排出という大切な役割があります。

 

皮脂が分泌されれば肌を潤わすことができますし、外の刺激から肌を守ることもできます。また毛穴から老廃物が排出されれば、肌に不必要な老廃物が残らなくなりますから、肌は上手く呼吸が出来るようになり、新陳代謝も良くなります。

 

40代になると毛穴が開いてくる理由は?

若いうちの毛穴は引き締まっていますからそれほど目立つことはありません。しかし40代になると肌のハリは失われてくるために弾力性が消え、さらにはコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの減少によって肌は緩んでしまって毛穴が開いてしまいます。

 

毛穴を放っておくと、重力で下に引っ張られた結果、毛穴が大きくなってしまうという問題も生じます。毛穴が縦長に開いてしまえばシワがなかったはずの方も肌のゆるみで小じわのような状態となりますので早めの対策を取りましょう。

 

40代の基礎化粧品に使われている成分の中で開いた毛穴対策としておすすめのものは?

毛穴が開いてきたとお悩みの方の肌を調べてみますと、肌のハリや潤いがなくなってきていることがわかります。肌のハリや潤いを早く取り戻さなければ毛穴は開くばかりですが、開いた毛穴を閉じさせる効果がある成分がコラーゲンやエラスチンです。

 

コラーゲンやエラスチンはどちらも肌に潤いを与えることで毛穴の開きを解消します。コラーゲンやエラスチンは年齢とともに失われてしまうのですが、40代に入ると一気に量が減るために毛穴は重力に負けて開いてしまいます。

 

失われた分は外から補充することが必要ですが、基礎化粧品の中にそれらの成分が含まれていれば、肌は保湿対策に成功して、肌はハリを取り戻しますし角質層がふっくらしてきます。そうすれば、肌は重力に負けることがなくなりますから、毛穴もしっかり閉じてくれて若いころのきめ細かい美肌が戻ってきます。

関連ページ

保湿成分が入っているかチェック!
40代になると実際の年齢かそれ以上に老けて見える人が急に増えますが、老けて見えてしまう原因の一つに肌の潤いが失われたことがあります。若いころは水分がたっぷりあって触るとぷるぷるしていた肌も、年齢とともにカサつきがちの乾燥肌になりますから、基礎化粧品で保湿してあげることが必要となります。
コラーゲンを増やす成分が入っているものを選ぼう!
40代に入ると、今まではつらつとして元気いっぱいに感じられた顔が一気に不健康に見えるようになります。これまで感じられていたはずの肌のハリもいつの間にかなくなっていて、元気がない老け顔に変わってしまう原因はコラーゲンの減少です。肌の若さを取り戻すためには、基礎化粧品にコラーゲンを増やす効果があるものが入っていることが必要です。
敏感肌にも対応しているものがおすすめ
若いころは強い化粧品を使っても刺激も感じませんし肌トラブルも起きなかったはずなのに、だんだん年齢とともに肌は敏感になっていきます。40代になって基礎化粧品を選ぶときは、敏感肌にも対応しているかどうかをチェックすることが必要です。
シワやたるみに効果があるものを!
40代の肌にはコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどシワやタルミに効果のある成分を化粧品で取り入れることが必要です。基礎化粧品を調べてみますといろいろな効果の高い美容成分が入っているものが多いのですが、より効果を上げるためには、ナノ化されているなど、肌への吸収率が高いものを選んでください。
大人ニキビに効果がある成分が入っていると◎
10代をすぎて20代に入ると、ニキビが消えて肌がきれいになったという方は多いです。思春期ニキビは大人になると消えていくものですが、40代になってから再びニキビができてしまったという方は多いです。後になってからできる大人ニキビにはどんな成分が効果的なのでしょうか。
おすすめはコストパフォーマンスが高いもの
40代おすすめ基礎化粧品を選ぶときにどのようなことに注意すればよいのでしょうか。40代のおすすめ基礎化粧品を選ぶときのポイントについてまとめました。