40代の乾燥肌は対策しないとダメなの?

40代の肌の乾燥を放っておくとどうなる?

子供の頃は押すと水が出そうなほどで、若い時も潤いたっぷりだったはずの肌も40代をすぎる頃には乾燥に苦しめられるようになります。乾燥が進んでしまった肌は敏感になってあらゆるトラブルを発生しやすくなりますので、40歳を超えたら特に注意して肌の乾燥対策をしなければいけません。

 

40代の肌の乾燥を放っておくとどうなる?

40代になるとどうして肌は乾燥するの?

40代になると肌の乾燥が加速するのは、次のような原因によるものです。

ターンオーバーの乱れ

20代のころまではすぐに定期的に28日周期で生まれ変わっていた肌も、40代に入る頃には生まれ変わるまでにかかる時間は倍近くになってしまっています。新しい肌に生まれ変われない分だけ肌のバリア機能は弱くなっていますので、肌は水分を肌にためておくことができずに乾燥を進めてしまいます。

 

保湿成分の減少

肌の老化が進むと、これまで肌にうるおいを与えていた保湿成分もその数を失っていきます。保湿成分はもともと肌の中に存在していたものなのですがだんだんと少なくなり、新しく保湿成分を作ることも難しくなっていきますので、保湿成分は減ってしまって乾燥を進めます。

 

40代の肌の乾燥を放っておいてあらわれるトラブルとは?

肌の乾燥をそのままにしておいてあらわれるトラブルで大きいものは肌荒れです。乾燥してカサカサになった肌は、肌が潤わせようと皮脂を分泌させてしまうために大人ニキビなどを作る原因になります。

 

また水分が失われて肌のバリア機能が弱くなっているために、赤くなったり痒みが出てしまう方、またはかぶれてしまう方も多いですし、肌荒れがひどくなればお化粧も満足にできなくなりますから、ファンデーションなどで隠そうとしても無理です。

 

肌年齢を上げてしまうしわやたるみも、肌から水分が失われたためにハリが失われてできたものです。目の周りや口の周りは肌が薄いために、少し水分が失われただけでもシワの元になります。肌荒れをなくすためにも、そしてアンチエイジングのためにも、40代に入ったら肌の乾燥を改善することを一番に考えなければいけません。

 

40代の肌の乾燥は止めることが出来る?

加齢のせいだから肌の乾燥を止めることができないと諦めている方もいらっしゃるでしょう。しかしただ諦めて何もしないでいると肌の状態は悪くなるばかりです。

 

乾燥を止めるどころか悪化させるだけですので、出来る限りの対策をしましょう。失われた保湿成分は外から補うことで乾燥を防ぐことができます。保湿効果が高い基礎化粧品を使うことで肌の乾燥対策を始めてください。

関連ページ

40代の乾燥肌に効果的な基礎化粧品の美容成分とは?
40代に入ると肌の乾燥はぐっと進みますから、適当なスキンケアを続けていれば乾燥は進むばかりになってしまいます。大事な肌を守って若さを維持するためには、基礎化粧品を選ぶときに保湿効果の高い成分が入っているかどうかをしっかり確認しておくことが大切です。
乾燥肌を解消するスキンケア方法とは?
40代に入ったら肌は敏感でかなり弱くなっていますから、基礎化粧品の選び方に注意するだけでなくスキンケア方法にも注意が必要です。乾燥肌に効果が高い基礎化粧品を使っているにもかかわらず肌の乾燥がなかなか解消しないのだとしたら、それはスキンケア方法に問題があるかもしれませんから、一度スキンケア方法を見なおしてください。