40代の基礎化粧品は保湿力が重要!

肌がかさつくようになったら?

若いころは特に肌に何の問題も感じなかったのに、40代になってから急に肌のカサつきを感じるようになったと悩んでいる方は多いです。肌がカサついている状態でこれまでと同じ基礎化粧品を使い続けても効果は得られません。肌のカサつきを改善するために、基礎化粧品を使ってしっかり保湿対策をしなければいけません。

 

40代を過ぎて肌が乾燥する理由とは?

 

  • 肌の水分量が低下した
  • 新陳代謝が悪くなった

 

25歳はお肌の曲がり角ですが、肌の老化をはっきりと感じられるようになる時は40代を過ぎてからです。40代になると、40代を過ぎると肌の水分量を保ってきたバリア機能が弱くなってきますので、肌の水分量が低下して肌はカサつくようになります。

 

また、新しい肌に生まれ変わることができれば肌はまだ元気になって潤いを取り戻すことが出来るのですが、年齢とともに新陳代謝の動きも悪くなります。そのため、肌は新しく生まれ変わりにくくなって乾燥はさらに進みます。

 

肌に潤いを与える40代におすすめの基礎化粧品の選び方は?

基礎化粧品を選ぶときは保湿効果の高い成分が入っているかをチェックしてください。保湿成分として知られているものはセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などいろいろな種類があります。

 

その中でもセラミドはもともと体の中に存在していて年齢とともに失われていたものですから、セラミドを外から補充することで、大きな効果が得られます。セラミドの中でも、より肌へ浸透しやすく作られているヒト型セラミドが配合されている基礎化粧品は、最も保湿効果が高いです。

 

肌の乾燥を取り戻すためにおすすめの基礎化粧品の使い方は?

いくら効果が高い基礎化粧品でも、量を惜しんでいては効果を得られません。保湿効果を出したければ、適量か、適量よりも少し多いぐらいを目安にして、しっかり肌の隅々まで成分が行き届くようにつけてください。

 

目元や口元などは肌が特にカサつきやすい場所です。それ以外にもカサつきが気になる場所があったら、他の箇所よりも少し多めに、塗り重ねるようにしてください。

 

保湿効果の高い化粧水や乳液、美容液などを使う他にもう一つ気をつけなければいけないことが洗顔です。基礎化粧品を付ける前には必ず洗顔をして汚れや皮脂を取り除いてから行っていることと思います。

 

洗顔はしっかりすることが必要ですが、必要な皮脂まで取り除いてしまっては肌の乾燥を進めるだけです。洗顔は肌に優しい化粧品を使って、肌の汚れや余分な皮脂だけを取るように心がけてください。

関連ページ

シワやタルミが目立ってきたときのケア
今まではたいしてお手入れをしなくても、シワやタルミなどがなかったはずなのに、40代を過ぎてから鏡でよく自分の顔を見てみたら、なかったはずのシワやタルミができていたという方は多いです。シワやタルミが目立ってきたら、基礎化粧品を使って頑張ってアンチエイジング対策を取らなければいけません。
肌が敏感になってきたときに選ぶべき基礎化粧品
40代になってから肌が敏感になってしまったと悩む方は多いです。今までは特に使う基礎化粧品を選ぶことがなかったのに、肌荒れなどが起きることから自分に合う基礎化粧品を見つけることが大変になってきます。40代の敏感肌の方はアンチエイジング対策よりも、まずは自分に合う基礎化粧品を探さなければいけません。
増えてきたシミは解消できる?
シミやそばかすは気が付かないうちに増えているものです。40代を過ぎますと、急にこれまでなかったはずのシミやそばかすができていると気がつくことは多いです。シミやそばかすは年齢を感じさせますので、40代を過ぎたらアンチエイジングのためにシミ対策を本格的にすべきです。