40代になったら基礎化粧品を変えたほうがいいの?

40代を過ぎたら選びたい基礎化粧品とは?

40歳を過ぎたてから肌の調子が変わってきて、これまでと同じ化粧品では肌が乾燥するようになりました。肌に潤いを与える基礎化粧品としてはどのようなものを選べばよいですか?

40代を過ぎると、肌は毛穴が詰まって成分が奥まで届きにくくなっています。表面にだけ美容成分が届いても肌に若さが戻ってくることはありませんから、成分が浸透しやすくなるよう工夫されて作られている基礎化粧品を使うことがおすすめです。

40歳を過ぎたら成分が肌に浸透しやすいように作られた基礎化粧品を使おう

アンチエイジングのためには基礎化粧品をたっぷりつけて美肌を取り戻そうと頑張る方は多いですが、たっぷりつけるだけでは肌がべたつくだけで効果が出ないことが多いです。40歳を過ぎた肌には成分が肌に浸透しやすくした基礎化粧品の存在が求められます。

40歳を過ぎた肌は汚れなどで毛穴が詰まっていることが多い

毎日洗顔をして汚れがしっかり取れていればよいのですが、肌の奥まで洗顔料の成分が届いていなければ、汚れや皮脂が毛穴に詰まったままになってしまうことが多いです。

 

毛穴に汚れや皮脂が詰まった状態ではせっかくの美容成分が肌の奥まで届かないだけでなく、毛穴は呼吸ができないために、ニキビなど肌トラブルを起こすことが多いです。

泡が細かく毛穴の奥の汚れが取れる洗顔料を使おう

毎日洗顔をしていれば、しっかり汚れが取れているとは限りません。洗顔料の成分が細かくなければ、毛穴の奥の汚れは取れずに残ったままです。

 

40代を過ぎた肌は刺激に敏感ですからゴシゴシ力を入れて洗えば肌トラブルのもとですが、細かい泡の力で優しく洗うことができる洗顔料を使えば、泡が毛穴の奥まで入って汚れを取りますから、基礎化粧品の成分が肌に浸透しやすくなります。

敏感肌用の基礎化粧品で優しくケアしよう

アンチエイジング効果を求めると強い成分の入った基礎化粧品を選びがちですが、40代以降の肌は強い成分の入った基礎化粧品では刺激が強すぎます。刺激がなく、しかも美容効果が高い敏感肌用の基礎化粧品を使って毎日ケアを続けましょう。

 

肌に優しい基礎化粧品を使って毎日頑張ってケアを続けていれば、肌は少しずつ若返って元気な肌を取り戻せます。

 

化粧水は温めてつけると効果的

化粧水をつけるときは、温かいもののほうが肌への浸透性が高いです。肌が冷たい状態、そして化粧水が冷たい状態で肌に化粧水をつけても毛穴が縮んだ状態で成分を奥まで浸透させませんから、化粧水を手で温めてからつけること、そして冬でもなるべく暖かい部屋、または湯船の中でつけるようにすれば化粧品の効果はよりアップしますのでお試しください。

 

関連ページ

値段が高い基礎化粧品は効果も高い?
高級化粧品だから美肌効果が高いとは言い切れません。40代になって肌の老化を感じ始めたら、刺激に負けないように肌に優しい成分で作られていて、しかも保湿効果が高い化粧品を選んで毎日ケアを続けることが大切です。
肌のツヤを取り戻す方法は?
メイクをいくらきれいにつけてみたところで、肌を若返らせることはできません。失われたツヤを取り戻したければ、基礎化粧品から見直し、アンチエイジング効果の高いものを選んで使い続けましょう。
肌のシワを防ぐ方法は?
基礎化粧品をしっかり使って毎日肌を守らなければ、シワは増えるだけですしニキビも治りません。すぐにしわができなかったとしてもそのうちシワが増えてしまいますから、肌に合う化粧品を使って毎日お手入れを続けてください。
肌のシミを消すために必要なこととは?
シミが増えてきたことを鏡で発見したり人に言われたりするとショックですが、紫外線対策や美白ケアをすることで、シミは薄くすることができますから、諦めずに毎日頑張ってケアを続けましょう。