40代は美容液をどんなふうに使ったらいいの?

美容液のおすすめの使い方

40代になると肌の老化を日に日に感じるようになり、これまでと同じように肌のお手入れをしているだけでは美肌を維持することはできません。50代や60代になっても肌を若く美しく保つためには、40代のうちから基礎化粧品の中でも美容液の選び方、そして使い方に気をつけましょう。

 

40代の肌の状態とは?

肌は人によって個人差がありますが、40代になると肌の乾燥に悩む方が増えます。年齢とともに肌のバリア機能が弱ってしまって水分を保有することができなくなるため、30代の後半から肌の水分や油分は減っていきます。少しずつ減っていきますので最初のうちは気が付きませんが、40代に入ってから肌の乾燥を強く実感したという方は多いです。

 

40代の肌におすすめの美容液の選び方は?

保湿成分がたっぷり入っているもの

保湿成分として知られているものにセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸がありますが、美容液を選ぶときはこれらの成分が含まれているかどうかをしっかりチェックしてください。40代の肌の水分量は20代の頃の半分にまで減少すると言われています。減少した水分は美容液の保湿成分でまかなうことをおすすめします。

 

面倒な手間がなく使いやすいもの

40代という年齢は仕事や家事などで毎日忙しい時です。いくら効果が高い基礎化粧品だとしてもいくつも塗らなければならなかったりしたら、手抜きになってしまって効果が得られません。

 

忙しくて自分のために時間をとることが難しいのであれば、何本も基礎化粧品を使ってお手入れをするのではなく、すべての機能が一つにまとまっているオールインワンタイプのものを選んで手間を省くことがおすすめです。

 

40代の肌におすすめの美容液の使い方は?

やさしくマッサージして塗りこむ

基礎化粧品の中でも美容液の成分が浸透しなければアンチエイジングも叶いません。しかし40代の肌は敏感でこすれば肌トラブルのもとですから、やさしく円を描くようにマッサージしながら、成分を肌の奥まで浸透させましょう。

 

カサカサしやすい部分は二度塗りして重ねる

顔の肌を見ますとパーツによって肌の水分量が異なることがわかります。目元や口元は普段から乾燥してカサつきがちです。40代をすぎると肌の乾燥した部分とそうでない部分の差がはっきり出てくるようになりますから、目元や口元など皮脂腺が少なくてカサつきやすい部分は二度塗りして重ねることをおすすめします。

関連ページ

化粧水のおすすめの使い方は?
基礎化粧品の中でも洗顔をしてから一番最初に使うものが化粧水です。40代になっても若いころと同じような美肌を維持するためには化粧水でしっかりケアすることがおすすめですが、どのような化粧水を選んでどのように使えばよいのでしょうか。
乳液やクリームはしっかり使うのがおすすめです!
10代のころは皮脂が多くて思春期ニキビができて悩まされていた方も、年齢とともに思春期ニキビは収まって肌が落ち着いてきます。しかし、40代をすぎればまた違う肌の状態になりますから、基礎化粧品の中でも乳液やクリームをしっかり使うことがおすすめです。