40代からの美容液選びのポイントは?

40代のエイジングケアには美容液選びが重要!

肌は25歳の曲がり角を過ぎると少しずつ老化が始まりますが、老化がはっきりと分かるようになるのは40代に入ってからだと言われています。いつまでも若々しい肌を保つことは女性全員にとっての望みですが、40代の肌の老化を抑えるためには適切な美容液選びが肝心です。

 

40代のエイジングケアには美容液選びが重要!

肌の老化が進む原因とは?

肌の老化が進む主な原因には、次のようなものがあります。

加齢によるもの

肌はターンオーバーによって常に生まれかわっているのですが、20代のころは28日生まれ変わっていた肌も40代になる頃には40日から55日待たないと生まれ変わりません。そのため、肌のバリア機能は弱くなって水分を保持することができず、乾燥が進みます。

 

紫外線によるもの

顔は常に外に出ている部分ですからきちんとケアしていても紫外線を受けてしまいます。その結果、肌にはメラニン色素が作られてシミを作る原因となります。

 

ストレスによるもの

40代になると仕事や家庭で忙しい時で、体を休めることは後回しになっています。そのため、心身のストレスがたまっていくために血流が悪くなり、肌の調子は崩れていきます。

 

40代になったら美容液を変えよう

30代のころまでずっと同じ美容液を使い続けていて、特に問題がないためこれからも使い続けたいという方もいらっしゃるでしょう。しかし、美容液は肌に足りない美容成分を補充するために存在する大切なものです。

 

30代から40代になるとき、乾燥が進むなど肌質は大きく変化することが多いです。これまで使っていたからといって同じ美容液を使うのではなく、40代になった今の自分の肌に合う美容液に変えましょう。

 

40代が考えたい美容液の選び方は?

40代に入りますと、肌の乾燥、シミ、そしてシワに悩みを持つ方が増えてきます。美容液を選ぶときは、自分にとって肌のどの悩みを改善することが必要なのかを考えて、一番適したものを選ぶようにしてください。

 

肌の乾燥が気になる方は、美容液の中にセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分の他に、肌のターンオーバーを促進させる働きがあるプラセンタやコラーゲン、ビタミンAなどがはいっているものがおすすめです。

 

シミが気になる方はメラニンの生成を抑えて新しい肌を作るコラーゲンの生成を助けるシミを薄くする効果が高いビタミンC誘導体などが入っている美容液を選びましょう。シワが気になる方は肌のハリを取り戻すことが必要です。肌のハリはコラーゲンが少なくなると失われてしまいますから、コラーゲンの補充が大切です。

 

美容液には豊富な美容成分が入っていることが望ましいですが、いくら成分が多く含まれていても粒子が大きい状態では肌の奥まで成分が届きません。40代の肌に若さと元気を与えるためには、美容席の成分は細かくなっていて肌の奥まで浸透しやすく作られたものを選びましょう。

関連ページ

40代の洗顔料は肌に優しいものを選ぼう
スキンケアの基本となるものは洗顔ですが、スキンケアを考えた時に化粧水や乳液、美容液などは気をつけて選んでいても洗顔は特に気にしないという方は多いです。しかし、40代という肌の状態が不安定なときは、洗顔料選びに気をつけて肌の若さを維持することこそアンチエイジングにつながります。
化粧水選びは保湿効果なども考えて慎重に!
基礎化粧品の中でももっとも基本のものといえば化粧水です。顔を洗ってから最初に使う基礎化粧品ですから、化粧品の選び方でこれからの肌の調子は変わってきます。どの年代の女性にとっても化粧水の選び方には注意が必要ですが、肌の調子が崩れ始める40代はなおさら慎重に化粧水を選ばなければいけません。
乳液やクリームは肌状態に合ったものを
基礎化粧品の中で化粧水の次につけるものといえば乳液やクリームです。乳液やクリームの選び方によっては、敏感になっている40代の肌の状態をさらに悪い状態にしてしまう可能性がありますから、肌を若々しく保つために40代を過ぎたら、肌の状態に合った乳液やクリームを選ぶよう、注意しなければいけません。
1本ですべての役割をはたすオールインワンゲルの選び方
40代になると基礎化粧品選びのポイントが変わってきます。40代から考えたい基礎化粧品の選び方についてまとめました。