40代の敏感肌に傾きがちなお肌のケアは?

肌が敏感になってきたときに選ぶべき基礎化粧品

40代になってから肌が敏感になってしまったと悩む方は多いです。今までは特に使う基礎化粧品を選ぶことがなかったのに、肌荒れなどが起きることから自分に合う基礎化粧品を見つけることが大変になってきます。40代の敏感肌の方はアンチエイジング対策よりも、まずは自分に合う基礎化粧品を探さなければいけません。

 

40代になって肌が敏感になる理由は?

 

  • 水分と油分のバランスが崩れてきた
  • ホルモンバランスが崩れた

 

40代になると体とともに肌の老化も進みます。老化が進むことによって肌の中の水分と油分のバランスが崩れます。そのためこれまではどの基礎化粧品を使っても何のトラブルも起きなかったはずの肌が肌荒れを起こしてしまいます。

 

また40代になれば女性のホルモンの分泌量も減少するためにホルモンバランスが崩れます。それによって肌の新陳代謝も崩れるために、より肌は刺激に弱くなって敏感になっていきます。

 

40代の敏感肌にもおすすめの基礎化粧品の選び方は?

敏感肌の方の肌を触ってみますと、カサついていることが多いです。肌はかさつくとバリア機能も弱くなって少しの刺激にも弱くなってしまいますから、基礎化粧品を選ぶときは、まずセラミドなど保湿成分が入っているものを選ぶようにしてください。

 

そして敏感肌の方は強い成分が入った基礎化粧品を使うとすぐに肌に影響が出てトラブルが発生します。効果のある基礎化粧品であってもトラブルが起きるものを使い続けることはできませんから、敏感肌の方は肌に優しい成分で作られている基礎化粧品を選ばなければいけません。植物成分など自然の成分で作られている基礎化粧品を選び、トラブルが起きないか、十分チェックしてから使うようにしましょう。

 

40代の敏感肌におすすめの基礎化粧品の使い方は?

40代の方は自分のためだけに時間を使うことができないことから、基礎化粧品を使ってのお手入れにもあまり時間をかけることができません。しかし、化粧水の成分がまだ浸透していないうちに美容液、クリームと続けて塗っても効果は得られません。

 

まずは化粧水を肌に丁寧になじませ、少し時間を置いてから美容液、クリームと塗っていきましょう。時間をあまりかけたくないというかたはオールインワン化粧品がおすすめです。すべての機能が一つになっているオールインワンならば1回ですべてのお手入れを終了させることができますから、手間も時間もかかりません。

関連ページ

肌がかさつくようになったら?
若いころは特に肌に何の問題も感じなかったのに、40代になってから急に肌のカサつきを感じるようになったと悩んでいる方は多いです。肌がカサついている状態でこれまでと同じ基礎化粧品を使い続けても効果は得られません。肌のカサつきを改善するために、基礎化粧品を使ってしっかり保湿対策をしなければいけません。
シワやタルミが目立ってきたときのケア
今まではたいしてお手入れをしなくても、シワやタルミなどがなかったはずなのに、40代を過ぎてから鏡でよく自分の顔を見てみたら、なかったはずのシワやタルミができていたという方は多いです。シワやタルミが目立ってきたら、基礎化粧品を使って頑張ってアンチエイジング対策を取らなければいけません。
増えてきたシミは解消できる?
シミやそばかすは気が付かないうちに増えているものです。40代を過ぎますと、急にこれまでなかったはずのシミやそばかすができていると気がつくことは多いです。シミやそばかすは年齢を感じさせますので、40代を過ぎたらアンチエイジングのためにシミ対策を本格的にすべきです。